睡眠と食生活

睡眠を十分にとり食生活に気をつけてストレスを溜めないこと!?

睡眠を十分にとり食生活に気をつけて
ストレスを溜めないことです。

 

まず、睡眠を充分にとることです。

 

午前12時前までには床に入り寝るようにします。

 

睡眠前の二時間はスマホやPCを見ていると、
交感神経が刺激されて寝付きが悪くなるので
避けた方がいいです。

 

そして朝食を必ず食べることです。

 

菓子パンとかではなくて、できたら御飯と味噌汁に
おかずという組み合わせがいいですね。

 

この中に糠漬けやカボチャ、芋類の煮物があると
便秘解消の効果があり胃腸の働きも良くなります。

 

ランチも揚げ物よりも煮魚などの定食を選んだ方が
栄養のバランスでとれます。

 

コンビニでお弁当を買うのならば、なるだけ揚げ物が
少ないタイプを選びスイーツはヨーグルトなどを食べると
腸の働きが良くなります。

 

日中食べるスイーツも今の時期ならば水羊羹や
果物がお薦めです。

 

アイスやカキ氷類を常食すると身体の芯が冷えて
体調を崩しやすくなります。

 

コーヒーも眠気ざましに一日に一杯程度がいいと
思います。

 

夕方頃に飲むとカフェインが交感神経を
刺激しますので寝付きが悪くなり易いです。

 

夕食は遅くても21時前までにはすませましょう。

 

揚げ物を食べるのならばレタスでもいいので、
野菜を一緒に食べてバランスをとってください。

 

アルコールはカンビール一本位までならOKです。

 

お風呂はシャワーだけでなくて湯船に浸かった方が
体の芯から温まり、副交感神経が優位になり
寝付きが良くなります。

 

ここまで紹介した体調を整える方法はごくありきたり
なことですが、仕事や時間に追われると実行
できなくなることもあります。

 

日常生活をこういうサイクルで過ごしていけば
体調は整ってくると思います。

 

また、交友関係などにおいては、気が向かない時は
参加しないなどしてストレスを感じることを避けましょう。

 

仕事面では仕方ないかもしれませんが、自分の
時間の中では自分の気持ちや気分を
優先させることがストレスを溜めないコツです。

 

胃腸の働きを整え交感神経と副交感神経の
バランスをとりストレスを溜めないようにすると
体調は整ってきます。

 

ブルーライトをカットしてみて

 

スマホを使いすぎないことも体調を整える
方法になります。

 

最近はスマホを長時間使う人が増えていますが
スマホの画面から出ているブルーライトについて
考えると怖いです。

 

私の場合、スマホに加えてパソコンも
利用します。

 

どちらかと言えばスマホを使う時間よりもパソコンを
使う時間が多いのでブルーライトカット機能がある
パソコンを使っています。

 

値段はかなりしましたが先のことを考えると
ブルーライトをカットできるパソコンの方が
良いと思い、思い切って購入しました。

 

ブルーライトを全てカットするのではありません。

 

だからメガネのレンズにもブルーライトカット機能が
ついたものを選び使っています。

 

ダブルでブルーライトをカットしているので目が
ラクになりましたよ。スマホを使うときもこの
メガネを使っています。

 

お金はかかりますが体調を整えるためには
このくらいの出費は仕方がありません。

 

スマホやパソコンをよく利用する人たちには
オススメの方法ですよ。