ビタミンバランスを考える

ビタミンバランスを考えましょう!?

ビタミンバランスを考えましょう!

 

ビタミンを摂ると言っても摂り方が偏っていると
体調は整いませんね。

 

だからビタミンを摂るならビタミンのバランスを
考えることです。

 

ビタミンにもたくさん種類があるのでそういうことに
詳しくないならマルチビタミンサプリメントを
摂ると良いでしょう。

 

マルチビタミンサプリメントを摂っていれば
他のビタミンサプリメントは必要ありませんから
ラクですね。

 

それにありがたいことにマルチビタミンサプリメントの
価格は想像するより安いです。

 

最近ではサプリメントの値段が安定しているので
マルチビタミンサプリメントを一つ用意しておくと
良いですよ。

 

あまりにも安価なサプリメントは成分が
気になるので、安くもなく高すぎない
サプリメントにしましょう。

 

「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンE」が
バランスよく入っていることが基本ですよ。

 

マルチビタミンサプリメントを摂っていても
食事はしっかり頂きましょうね。

 

いつの間にか体調が整っているかもしれませんよ。

 

夏場の寒暖の差にはご注意を

 

昨今の夏の気温には驚かされますね。

 

35度から37度以上というような人の体温と
同じくらいの気温になる事も珍しくなくなりました。

 

北海道でも今まで聞いた事のなかったような
35度以上の気温が天気予報で言われる事も
あります。

 

以前ヒートアイランド現象という言葉をよく使われる
年代もありましたが、まさにその通りで、どこを見ても
舗装道路とコンクリートの街並みです。

 

緑の植物がすくなくなりました。

 

時々仕事の都合で山間部や農道を通ると
涼しい風が吹いているので、人的な
加温なのかもしれません。

 

街では冷たい飲み物や食べ物に人気が出て、
みんないろいろな種類の冷たいアイスクリームや
コーヒー等を飲んでいる姿を見かけます。

 

喫茶店やファミレスでは大体冷たいものを
頼んでいます。

 

この暑さの連続と冷たいもののとりすぎでなんとも
いえないだるさが体調をくずしてしまいます。

 

あわせてクーラーやエアコンの冷やしすぎです。

 

家では冷たい飲み物と食べ物、会社では
仕事の能率を上げるためにかなりの温度まで
冷やし、入るコンビニやスーパーではお客様と
食品の安全性の為にかなりの冷房の設定に
調整してあります。

 

外気温は30度以上が普通です。

 

約10度くらいの温度差はかなり知らないうちに
体に負担をかけています。

 

暑気払いとか夏バテなどの夏場特有の
言葉があるように、昔からこのだるさや体の
不調はあったようですが、対策をとらないと
仕事の能率だけでなくだるさのために
病気になる事も在ります。

 

この暑さ対策は少し注意する事で
取り除くことができます。

 

具体的な対策法としては、寝る時のクーラーの
温度を少し上げて、首筋辺りに冷たいタオルや
アイスノンのような氷枕などを置いて寝ると
涼しく眠る事が出来ます。

 

わざと温めのシャワーを浴びるのも良いです。

 

汗が少し出てしまいますが、爽快感にて
涼しく感じることができます。

 

会社などではお腹の中に小さなタオルを
入れておくと思ったよりも体に対する
クーラー対策になります。

 

暑くも寒くも無いのですが、さっぱり感があります。

 

外回りの時などは冷たいもののとりすぎに
注意して、わざと暖かいものを飲むのも良いです。

 

汗の出るのを抑えられることも多いです。

 

よく言われる熱中症予防に塩分やミネラル分の
摂取も必要です。

 

食事も細くなりますが、しっかりと食べる事も
夏バテの予防になります。

 

ダイエットをしているかたも、お肉や魚、土用の
うなぎなども必要です。

 

涼しいと感じる事は夏場では必要な事ですが、
大切な事は体調は弱ってきているという事です。

 

夏場をうまく超えていくためには、暑さとうまく
付き合って暑い夏をうまく超える方法を
考えて身体を弱らせないようにしましょう。